k.imayui works2004-2016

フリーゲーム時代のブログでしたが、これまでの作品のまとめブログに現在なっています。過去記事は整理につき一部のみしか公開していません。たまに記事がTOPに来てるけどその内まとめがTOPに戻ります

ゲームの活動開始から停止までまとめ

色々整理中だけど、ゲーム制作開始から区切りとなる(個人制作の)活動停止までを一旦年表ぽくまとめます

2010 7月頃ウディタによるゲーム制作を開始。

※これ以前はユリイカの新人として月刊誌「ユリイカ 詩と批評」に詩を寄稿したりしていました。

RPG特集とかもしている近年はサブカル系な雑誌。

 

2011 8月 Liberation From... ストーリーR P G、第3回ウディコンに公開。k.imayuiとしてフリーゲーム制作を開始して、初のR P G長編完成作。

f:id:liberationfrom:20170416034233p:plain

2012 1月 ユメトツキ

 ※この年は、7月、詩の方で TOLTAバトン(カニエ・ナハからのバトンで)"ひらくと飛ぶ本"のテーマの元『空にある草原上のマザーグース』という詩のオブジェを制作した。

2013 8月 12亜神伝 フリーシナリオR P G、第5回ウディコンに公開。その後vectorレビューや各種レビューサイトに掲載されこのゲームの累計DL数は13,000DL程。攻略サイトもできた。

f:id:liberationfrom:20170416032721p:plain

2013 12月 ユカイナお遣い PLiCyに公開。2014年3月にニコニコ自作ゲームフェスに参加後、30万再生近く実況されたというある意味一番(唯一?)当時盛り上がっていたフリゲの時代の波とリンクした作品?

2014 4月 Arayasiki Field~ウサギナ憂鬱~ 初の有料同人ゲーム(R18)DL Siteで販売。同人ゲと言ってもこれまで同様、全個人制作。

 ※詩の方で、5月、カニエ・ナハによるヴィンテージ詩集プロジェクトの一冊として『意識の瑪瑙』がカニエ・ナハ氏の手により制作された。

2014 7月 ユトレピアの伝説 レトロR P G、第6回ウディコンに公開。総合7位・音声画像部門5位・その他部門1位。週刊アスキーPLUSやもぐらゲームスのレビューに掲載され、このゲームの累計DL数は15,000DL程。k.imayui個人制作の中で最もDLされたゲームになった。

f:id:liberationfrom:20170416032904p:plain

※2014年9月から2015年3月まで原因不明の発作で精神科に入院させられる。(退院後、2015年5月の検査で胆石が判明(2014年の内科検査では原因が特定されなかった)、6月に手術を受けました。結局、胆石が原因だったことに......)

この間、

2014年 10月からk.imayui原作・シナリオの『ソラミミ×DIAMOND』がmillchan gameの制作でPLiCyで連載公開(イラスト:夏凛とーご/音楽:平井GT)

f:id:liberationfrom:20170416033347p:plain

2015年 2月 レシオハーバーへようこそ(原作・シナリオ)millchan game

2015年 3月 機械天使(原作)millchan game

f:id:liberationfrom:20170416033625p:plain

他、millchan gameの朗読ゲームシリーズもk.imayuiの詩を原作として制作されました。

2015年3月精神科退院。入院が長期に渡ったこともあり退院後は暫く社会復帰に向け準備。2015年6月に胆嚢摘出手術で入院・退院。その後は心身とも徐々に回復していくことに。

 

2015年 9月 夢のお城 短い作品ですが、k.imayui個人制作ではこれが(療養後最初で)最後の作品でした(3分ゲーコンテストでの感想一覧)。millchan gameのソラミミ×DIAMOND、朗読ゲームシリーズは引き続き2016年までかけて公開されていきます。

 ※詩の方で、10月発売のTOLTA企画『現代詩100周年』に「すてきなドライブ」を寄稿。

2015年 12月 ぼくの小さな青い鳥(原作)millchan game ノベルスフィアで公開

 ※2016年2月からオープンのカクヨムで、およそ十年前に通っていたメリーゴーランド童話塾で発表していた短編童話集(上述の「機械天使」「ぼくの小さな青い鳥」原作含む)・長編『姫の火』を整理して公開。

2016年7月頃には、医師からもう社会復帰の準備は整っているとアドヴァイスを受け、再就職のための就職活動(と言ってもここと決めた一社に応募!......)ゲームメーカーに採用が決まる。

このため、フリーゲーム・同人ゲームの制作は2016年を以て休止となりました。